職場で一目置かれる存在に! <できる人>と<できない人>の違いを徹底分析

職場で活躍する鍵は人を信頼すること

仕事の処理能力が高いからといって仕事できる人になれるわけではありません。どれだけ個人として仕事をする能力が高かったとしても、一人でできる仕事の量は時間によって制約されてしまいます。看護師の仕事は患者や医師とのコミュニケーションを必要とするため、一つ一つの仕事に時間がかかりがちです。いかに処理能力が高くてもこなせる仕事の量には限界があるというのを理解していなければ仕事ができる人にはなりません。

「自分で全てができるわけではない」という理解をしているのが優れている人の特徴だといえます。その上で他の看護師を信頼しているのも重要な部分であり、信頼できるからこそという理由で仕事をうまく分散させているのです。そして、自分自身でもやるべき仕事を行って信頼を勝ち取り、確かな信頼関係の樹立に成功しています。人を信頼するのは大変なことであり、相手についてよく理解していなければなりません。仕事を分散するという視点に立つと、業務を任せるときにはその人が得意としている役割、そして負担にならないタイミングを見極めなければならないでしょう。

仕事を任せるのなら、ときには仕事を引き受けてギブアンドテイクを行わなければ信頼を得ることはできません。相手を信頼するために理解する努力をして、さらに信頼を受けるためにも努力するということを常に行っていると次第に仕事を回せる人に成長できます。そして、職場での中心となる柱としての立ち位置を獲得することになるのです。