職場で一目置かれる存在に! <できる人>と<できない人>の違いを徹底分析

効率よく仕事をこなすコツはマネジメント

職場の誰もが「できる人」と認めるような人が一人いるだけで職場の仕事の効率は大幅に向上します。そのような看護師の特徴として、自分がたくさんの仕事を抱えているにもかかわらず、必ず他の人の仕事にも手を出す、というのはよく見かけられます。それだけではただの世話好きやおせっかいということになります。

しかし、誰からも認められている人は、他の人の仕事に手を出しながらも自分の仕事はしっかりと誰よりも早く終えてしまっています。看護師としてこのような仕事ができる人は決して多くはないものの、よく観察してみると必ずしもその人が仕事を抱え込んでいるわけではないというのがわかります。他の人から仕事を引き受けていることはよくありますが、いつの間にか自分の仕事を他の人に任せてしまっていることもあるのです。本人が気づいているかどうかにかかわらず、職場内の仕事をうまくマネジメントする役割を担っているのです。また、人に仕事を任せられる人というのはそれだけ周囲から信頼を得ている人でなければなりません。人徳を持っている、という意味でも一目置かれるのです。

仕事を上手に回せる人がいると、看護主任などの管理職も知らず知らずのうちに現場がうまく機能するようになっていきます。そのうちにその立役者が浮き彫りにされてきて、誰からも仕事できる人と認められるようになるのです。自分の仕事だけにとどまらず、職場全体のマネジメントができる人は欠かせない存在になっていきます。