職場で一目置かれる存在に! <できる人>と<できない人>の違いを徹底分析

できる人を観察して成長しよう

職場での活躍を目指していくことや、キャリアアップを達成することは看護師にとって大きな目標となります。しかし、どのようにして看護師として成長して行ったら良いのかがわからないと悩む人もいるでしょう。そんな時は、仕事ができる人が身近にいないかを探すことが大切です。どの職場にも優秀だと思えるような人がいるとは限りません。もしそのような人に出会うことができたなら、しっかり観察して自分を伸ばすための参考にしましょう。

ところが、そこまでは発想として辿り着いたとしても観察の仕方で失敗してしまうことはよくあります。全体的な能力を比較してみたものの、何をしたら追いつけるのかわからないという状況に陥るのは典型的な例です。また、総合力として到底追いつけそうにないと判断して諦めてしまう場合もよくあります。全体的な比較をしてしまうとやる気を失うことになりかねません。大事なのは、全体像を見て自分と比較するのではなくもっと具体性を持って考えてみることです。どんなに仕事ができる人でも、どこかで必ず失敗やミスをしています。そういったときにどのような対応をとっているのか、次に活かすためどうやって自身で心掛けているかなどを観察することが重要です。また、現場で自分が感じた視点だけでなく他の人の視点で語られた、仕事で活躍する人の共通点を参考にしてみるのも大切です。

現場でできる人の能力を観察する際は、「仕事ができる」という印象をなぜ受けたのかをよく分析して、特徴を一つ一つ挙げていくようにしましょう。特徴の分析をして自分の能力とよく比較してみると、何が足りていないのかがはっきりとわかります。それを補っていけば看護師として活躍できる可能性を高めることができるでしょう。できる限り具体性の高い特徴を見出して比較することが、自身のスキルを伸ばすために必要なのです。